為替とは?

為替とは一般的には外国為替のことを差すが、通貨が異なった国と国との間に生じる貸借関係を、現金そのものではなく、為替手形や送金小切手などの信用手段を用いて決済する方法を「外国為替」といい、略して「外為(がいため)」などと呼んでいる。

前述したように、外国為替は、主に銀行と銀行の間に行われる口座振替により、現金そのものを扱うことなく送金や貿易を行うということを大きな特徴としている。ちなみにその形態には2つあり、ひとつは「送金為替」もうひとつは「逆為替」である。

1970年代までの日本では、外国との為替取引は許可を受けなければ行えないという閉鎖的なものであったが、1979年に大きな法改正が行われ、外国為替をはじめとする対外取引が自由に行われることを基本としつつ、対外取引に対して必要な管理・調整を行うことによって、対外取引の健全な進化発展、国際収支の均衡及び通過の安定をはかることが目的とされるようになった。

外国為替の取引は信用の上になりたっている

外国為替の取引規模は?

Bank for International Settlements(国際決済銀行)は、2013年4月に1日当たりの全世界での外国為替の取引高を公表したが、最も額が大きかったのはイギリスであり、その額は何と1日当たり2兆7260億ドル。これは世界の4割以上を占めていることになり、イギリスの首都ロンドンが世界の為替取引をリードしているといっても過言ではない。

ちなみに一番取引されている通貨としてはアメリカドルが圧倒的である。
上位10カ国は以下の通り。(出典:wiki外国為替市場

1日当たりの外国為替取引額TOP10


☆為替ニュース:
【東京市場】円独歩安、ドル円は101円台後半
 東京外為市場終盤は、円が独歩安となっている。OPEC(石油輸出国機構)が8年ぶりに減産で合意したことから、リスク選好の思惑が広がり、朝方から円売りが先行した。ドル円は、序盤から中盤にかけて、100円台後半から101円台半ばまで上昇すると、その後は、同水準で小動きとなっていた。だが、終盤になると、再び円売り圧力が強まり、101円台後半に水準を引き上げている。クロス円も上昇しており、円全面安の展開となっている。ドル円は101円台後半、ユーロドルは1.12ドル台前半で推移している。  ドル円は101円台後半で取引されている。OPECの減産合意を背景に、朝方から買いが先行した。8時過ぎに、まとまった円売りが出ると、101近辺まで上昇した。さらに、米債利回りの上昇を受けて、中盤には、9月23日に付けた直近の高値101.24を上抜き、101円台半ばまで上昇した。その後、101.30付近での膠着が続いたが、欧州時間が迫ると、再び買い意欲が強まり、101.50の節目を上抜くと、101.72付近まで水準を引き上げた。その後も、同水準での取引となっている。明日、月末、四半期末、半期末が重なることから、これを見越した動きもあったようだ。    ユーロ円は、114円台前半で取引されている。ドル円と同様に、朝方から買いが先行する展開となった。朝方は112円台後半で取引されていたが、ドル円の上昇を受けて、中盤には、113円台後半に水準を引き上げた。その後、同水準で上げ一服となっていたが、終盤にかけて再び買い意欲が強まり、114円台前半に上昇した。  ユーロドルは、1.12ドル台前半で取引されている。東京時間では、ユーロ独自の材料が乏しかったことから、1.12ドル台前半でのもみ合いとなった。  日経平均は反発。終値は前営業日比228.31円高の1万6693.71円となった。  午後3時23分現在では、ドル・円は1ドル=101.70円前後、ユーロ・円は1ユーロ=114.09円近辺、ユーロ・ドルは1ユーロ=1.1219ドル前後で取引されている。 みんかぶ「KlugFX」東京
【NY市場】イエレンやOPECでドル買いが見られたものの方向感は出ない
 きょうのNY為替市場はドル買いの動きも見られたものの、方向感がない。きょうはイエレンFRB議長の議会証言が行われ、年内利上げの可能性を示したことからややドル買いの動きも見られた。しかし、一時的な動きに留まっている。また、終盤にはOPECが日量3250万バレルの産油制限で合意との報道も伝わった。商品市場で原油が上昇し、米10年債利回りもマイナス圏からプラスに浮上したが、為替市場でのドル買いの動きは、さほど強まっていない。市場は利上げに慎重な見方を崩していないようだ。 なお、朝方に8月の米耐久財受注が発表になっていたが、全体では予想を上回ったものの、GDPの算出に用いられる資本財の製造業出荷(非国防/除航空機)は前月比?0.4%と予想(+0.1%)を下回ったことからポジティブは反応は見られていない。 市場の懸念の一つに、第3四半期の米GDPが期待したほどの伸びが無いのではとの懸念もあるのかもしれない。米GDPは第1、第2四半期と予想を大きく下回り、年率換算で1%台の低成長となっている。それゆえに、第3四半期に大きな期待がかかっていたが、7、8月分のデータを見ると期待ほどの強さはない可能性も出始めているようだ。当初は3.5%近辺の高い成長が期待されていたが、現在は3%を下回り、なかには2%台前半との見方も出ている。 ドル円は100円台後半に上昇。一時100.80水準に上昇したものの、101円台を試す力強さまでは、きょうのところは無かった。依然として市場は下向きで見ているようで上値では戻り意欲も強いようだ。 ユーロドルはドイツ銀など独銀に経営不安が台頭する中、一時1.1180近辺まで下落。強いサポートとなっている100日線に顔合わせしたが、後半には1.12台に戻し100日線は維持された。ドイツ銀の株価は最安値を更新していたが、きょうは反発していた事もサポートしたようだ。みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美