為替とは?

為替とは一般的には外国為替のことを差すが、通貨が異なった国と国との間に生じる貸借関係を、現金そのものではなく、為替手形や送金小切手などの信用手段を用いて決済する方法を「外国為替」といい、略して「外為(がいため)」などと呼んでいる。

前述したように、外国為替は、主に銀行と銀行の間に行われる口座振替により、現金そのものを扱うことなく送金や貿易を行うということを大きな特徴としている。ちなみにその形態には2つあり、ひとつは「送金為替」もうひとつは「逆為替」である。

1970年代までの日本では、外国との為替取引は許可を受けなければ行えないという閉鎖的なものであったが、1979年に大きな法改正が行われ、外国為替をはじめとする対外取引が自由に行われることを基本としつつ、対外取引に対して必要な管理・調整を行うことによって、対外取引の健全な進化発展、国際収支の均衡及び通過の安定をはかることが目的とされるようになった。

外国為替の取引は信用の上になりたっている

外国為替の取引規模は?

Bank for International Settlements(国際決済銀行)は、2013年4月に1日当たりの全世界での外国為替の取引高を公表したが、最も額が大きかったのはイギリスであり、その額は何と1日当たり2兆7260億ドル。これは世界の4割以上を占めていることになり、イギリスの首都ロンドンが世界の為替取引をリードしているといっても過言ではない。

ちなみに一番取引されている通貨としてはアメリカドルが圧倒的である。
上位10カ国は以下の通り。(出典:wiki外国為替市場

1日当たりの外国為替取引額TOP10


☆為替ニュース:
【NY市場】ドル円は100円ブレイクできず買戻し
 きょうのNY為替市場は対ユーロや円でドル買いが優勢となっている。全体的には金曜日のイエレンFRB議長の講演待ちの雰囲気に変化はない。イエレンFRB議長は年内の利上げの可能性は従来通り指摘するものの、9月利上げについては何もヒントを示さず、選択肢をオープンにしておくというのがメインシナリオではあるが、フィッシャーFRB副議長などFOMCメンバーからはタカ派な発言が相次いでおり議長もタカ派に寄るのではとのリスクも意識されている状況。 今週に入って市場関係者も夏休みから戻りつつあるが、積極的にポジションを取る動きには乏しく手控えムードが強い。イエレン議長の講演を待って、来週以降から本格的に始動といったところなのかもしれない。 ドル円はNY時間に入って買い戻しが優勢となり、100.50水準を上回る動きも見せた。ロンドン時間には100円割れを試す動きも見られていたが、勢いはなく、サポートされている。このような動きがここ数日続いており、短期のショート勢が一旦ショートカバーを入れた模様。ただ、100.50から101円にかけては、戻り売りオーダーも断続的に出ているようで、そこから上の抵抗も強いようだ。 ユーロドルは売りが優勢となり、一時1.1250付近まで値を落としている。1.1270付近にはまとまった買いオーダも観測されていたが、それを吸収したようだ。下の状況を確認すると、1.1235と1.1200水準が目先の下値抵抗として意識され、1.1190/00付近は21日線が控えている。今週に入って、過熱感もありやや上値が重くなってきていたことや、ポンドの買い戻しが強まっており、対ポンドでの利益確定売りがユーロを圧迫している模様。 しかし、前日発表になった8月のユーロ圏PMIが底堅い内容で、英EU離脱問題がユーロ圏企業のセンチメントに悪影響を及ぼしていないことが示されていた。これを受け、市場ではユーロ高を期待する見方も増えつつある。例えECBが利下げや資産購入を延長したとしても、ドイツ10年債利回りの下げは限定的で、ユーロ安を誘発しないのではとの指摘も出ている。イエレン議長の発言次第では、ユーロドルは1.16台までの上昇の可能性もあるという。 ポンドは前日に引続き買い戻しが強まり、ポンドドルは1.32台を回復した。1.32台に入ると英輸入企業のヘッジなど実需の売りも観測され、前日は上値を抑えられていたが、きょうは突破している。特にポンド買いの材料は見当たらないが、ショートポジションがかなり積み上がっていることもあり、イエレンFRB議長の講演を金曜日に控える中、ポジション調整が出ているものと見られる。ただ、ポンドに対する弱気な見方は根強く、上値では戻り売り推奨も多い。みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美
【ロンドン市場】方向性に乏しい展開、米国イベントを控えて
 24日のロンドン市場では、全般に方向性に乏しい展開となっている。金曜日のイエレンFRB議長講演に市場の関心が集まっており、週初から明確な方向性に欠ける取引が続いている。 ロンドン序盤は、ややドル売りが先行して取引を開始した。ドル円は100.10近辺までの下押し。その後の戻りも100.20-25レベルまでと値動きは限定的。リスク動向は安定している。序盤に軟調だった欧州株もほどなくプラス圏に転じている。英FT指数は引き続きマイナス圏だが、0.1%安程度と小幅の下げに戻している。ドル円と連動性の高いことで知られる米10年債利回りは1.55%付近で目立った方向性は示していない。 欧州通貨ではポンド買い・ユーロ売りのフローが持ち込まれている。ポンドドルは1.3160近辺までの下げから1.3250近辺へと大きく反発。ユーロドルは1.13台乗せは一時的に留まり、1.1260台へと再び下押しされている。この日発表されたドイツの第2四半期GDP確報値は前期比+0.4%と特段の改定はなされなかった。英国では主要経済指標は発表されていない。ポンド買い・ユーロ売りは調整色が強かったようだ。 このあとのNY市場では米中古住宅販売件数が発表される。昨日の米新築住宅販売は好調だったが、米住宅販売の主力である中古住宅はどうか。みんかぶ「KlugFX」 松木秀明